夏になり移籍に関する報道が増えてきた今日この頃。
雨が降る毎日が多く、育てているトマトが腐らないか不安な毎日を過ごしています。

今日はデヤン・ロブレンに関する移籍報道が出ているので話したいと思います。

デヤン・ロブレンは2014年に、サウサンプトンから加わった、クロアチア人プレイヤーです。
ロブレン
クロアチア代表としてワールドカップの決勝の舞台に出場した経験もあります。
ネタ発言をしたり、男前な発言をしたり、チームにとって重要な選手です。

そんなロブレンにロシアの名門、ゼニト・サンクトペテルブルクが大きな関心を抱いているようです。

冬にもローマやミランからの関心が大きいと報道されていました。

現在ロブレンは2022年夏まで契約が残っているようですが、移籍の可能性は大きいと思われます。

もし、移籍するとしても、ありがとうの感謝とともに送り出したいですね。

(情報元 エコー)

YNWA